OPバレル

  1. OP SHINY COATING in BRONZE and GOLD

    OP SHINY COATINGが物足りない方のために屋外で撮影しました。やはりキラキラ度が増します。ブロンズ、ゴールドの2色をUPしています。ステンレスにしか反応しない特殊コーティングです。メッキ、アルマイト、塗装のいずれでもありません。

  2. 次期CQBR DD 11.5 GOV バレル

    いつもBREAKING NEWSを流してくれる某ソース様より。いよいよ次期CQBRが選考されているのか、11.5バレルになるかもとの。バレルはダニエルディフェンス11.5インチガバメント仕様です。見る限りかなり細いです。ガスブロック部分、チャンバー部分のみ強度を持たせていますね。

  3. OPピカピカSAI

    OPピカピカコーティングのSAI版です。このあとOPブロンズコーティングを施してラグジュアリー化します。前回のAGENCYはこちら。OPピカピカ+OPゴールドコーティングです。これ、ほんとカッコいいですから。実物を是非見ていただきたいです。

  4. OPラグジュアリーコーティング

    OPラグジュアリーコーティングが完成しました。通常はマットなゴールド、ブロンズ、レシーがメインでしたが、この度ラグジュアリー化が完了。まるで高級ジュエリーのような光沢、輝き。美しさ。銃器とは思えないクオリティです。

  5. OPピカピカ磨き

    OPピカピカ磨き。AGNECYステンレスアウターをそのままだとマットなステンレスです。これをピカピカにしてみました。この後OPゴールドコーティングに旅立ちます。完成イメージがインスタのこちらの写真。分かります??輝いてますよね。

  6. HK416 Barrel

    HK416バレルとは。そもそもM4とどう違うのかってことですよね。写真は完全分解で分かりやすいです。ガスブロック後端には突起があります。これはM4と大きく違いますね。

  7. ZEV BOLT

    クルセイダー製スチールCNCボルト加工。ZEV刻印、実銃ポート穴開け、LAWタクティカルスペーサ取り付け加工を行いました。VFC M4で正常に作動します。うん、めっちゃかっこいい。ポート穴開けはこれからは必須でしょうか。

  8. OP NEW COATING

    OP NEW COATINGです。今までのゴールドとも違う薄いGOLDでしょうか?今までの黄色みの強いGOLDではないですね。しかしこちら1ロットあたりが非常に高額です。20名ほどご予約頂ければ実現可能な代物です。

  9. トレポンシリンダーOPコーティング

    トレポンのステンレスシリンダーにOPコーティングしました。純正のトレポンシリンダーはステンレス筒とアルミのブラケット、そしてキャップもステンレスです。それらを完全に分解してステンレスの筒だけにします。その後OPコーティングすると金、黒に進化します。

  10. OPTM Lancer Systems MWS

    打ち上げ花火が最後といいながら最後にダメ押し一発。OPTM LANCER Systems MWSです。アッパーコンプリートで載せ替え前提です。可能な限り実物化しています。アッパーも打ち替え。御依頼ありがとうございました。

ページ上部へ戻る